2016年6月10日

0
< 2016年6月10日 >
京都市中京区河原町通二条下ル一之船入町535
TEL:075-212-5151
FAX:075-253-2014
http://www3.boj.or.jp/kyoto
概 況
京都府・滋賀県の景気は、新興国経済減速の影響などから輸出・生産面に鈍さがみられるものの、基調
としては回復を続けている。
個人消費は、一部に弱めの動きがみられるものの、全体としては底堅く推移している。設備投資は、緩
やかに増加している。住宅投資は、持ち直しつつある。公共投資は、減少している。生産は、増勢が鈍化
しており、輸出は、横ばい圏内の動きとなっている。労働需給は引き続き改善しており、雇用者所得も緩
やかに増加している。
管内金融経済概況 早見表(矢印は前回公表からの変化)
≪総括判断≫
(1)個人消費
(2)観
光
(4)住宅投資
(5)公共投資
(6)製造業の生産活動等
(3)設備投資
(7)雇用動向等
_
1.需要項目別動向等
(1)個人消費
個人消費は、一部に弱めの動きがみられるものの、全体としては底堅く推移している。
百貨店売上高(4月)は、雑貨は堅調ながら、衣料品や高級ブランド品等の身のまわり品に弱めの動
きがみられている。
スーパーの売上高(4月)は、食料品を中心に回復している。
乗用車の新車登録台数(4月)は、新型車投入効果等を背景に下げ止まっている。
家電販売(4月)は、高機能商品の一部に動意がみられるなど、下げ止まりつつある。
百貨店売上高前年比
20
15
乗用車新車登録台数(含む軽乗用車)前年比
(前年比、%)
(前年比、%)
京都地区百貨店
京都地区百貨店(定義変更先除くベース)
全
国
(前年比、%)
30
(前年比、%)
20
30
15
25
25
20
20
15
15
10
10
10
10
5
5
0
0
5
5
-5
-5
0
0
-10
-10
-5
-5
-10
-10
-15
-15
-20
Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅰ
13/
14/
15/
16/
11
12
15/
1
2
3
4
-15
京滋計
全
-15
国
-20 -20
-20
Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅰ
16/
13/
(月)
14/
15/
16/
11 12
1
15/
2
3
4
16/
(月)
(注1)14/8月以降、一部先が計数定義を変更。
(注2)京都地区百貨店は、14/9月までは5百貨店ベース、10月からは4百貨店ベース。
京都地区百貨店(定義変更先除くベース)は、3百貨店ベース。
(出所)京都百貨店協会、日本銀行京都支店、経済産業省「商業動態統計」
(出所)日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会
1
(2)観
光
観光は、好調に推移している。
京都府内の主要観光施設等への入込客数は、高水準で推移している。
京都市内の主要ホテルの宿泊動向をみると、外国人客が引き続き増加していることから、客室稼働率
(4月:92.0%)は、高水準を続けている。
滋賀県内の主要観光施設等の入込客数は、地域でばらつきがみられるが、総じてみれば底堅く推移し
ているほか、主要ホテルの客室稼働率(4月)も前年を上回った。
ホテル客室稼働率(京都市内)
(%)
(%)
100
100
95
95
90
90
85
85
80
80
75
75
70
70
65
65
ホテル客室稼働率
60
60
4
5
6
7
8
9 10 11 12 1
2
3
4
14/
5
6
7
8
9 10 11 12 1
15/
(注1)00/9月から当店で統計を開始。
(注2)11/2月~14/12月は13ホテルベース。15/1月からは12ホテルベース。
このため、データが不連続となっている。
(出所)日本銀行京都支店
2
2
3
4
16/
(月)
(3)設備投資
設備投資は、緩やかに増加している。
2015年度の設備投資(2016年3月短観ベース)は、製造業を中心に前年度を上回る見込み。業種別に
みると、製造業では、需要増加や新製品導入を背景に能力増強・更新投資等を実施する先がみられ、前
年度を上回っている。非製造業では新規出店や改装等を実施する先がみられ、前年度を上回っている。
2016年度の設備投資計画をみると、上期は製造業の能力増強・更新投資や非製造業の新規出店等から
緩やかに増加している(全産業前年同期比:+7.6%)。なお、通期では、概ね前年度並みの計画となっ
ている。
設備投資計画(含む土地投資額)
15年度
見込み
全産業
製造業
非製造業
13.5
修正率
2.0
生産・営業用設備判断D.I.の推移
(前年度比、%)
16年度
計画
修正率
▲ 2.0
50
40
―
15.3
0.4
▲ 2.9
―
9.1
6.1
0.1
―
(%ポイント)
製造業
非製造業
予測
30
(
「
過
剰
」
超
20
10
0
(出所)日本銀行京都支店「管内企業短期経済観測調査結果」
「
不 -10
00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16
足
」
(年)
(注)2015/3月調査以降、調査対象企業見直し後ベース。
超
)
(出所)日本銀行京都支店「管内企業短期経済観測調査結果」
3
(4)住宅投資
住宅投資は、持ち直しつつある。
新設住宅着工戸数(4月)は、貸家を中心に前年を上回った(前年比:+16.0%)。
新設住宅着工戸数前年比
40
(前年比、%)
(前年比、%)
40
30
30
20
20
10
10
0
0
-10
-10
-20
-20
京滋計
-30
全
国
-30
-40
-40
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
13/
Ⅳ
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
14/
Ⅳ
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
15/
Ⅳ
Ⅰ
16/
5
6
7
8
9
15/
10 11 12
1
2
3
4
16/
(月)
(出所)国土交通省「建築着工統計」
4
(5)公共投資
公共投資は、減少している。
公共工事請負金額(4月)は、京都府や滋賀県、市町村の発注案件が減少したことから、前年を下
回った(前年比:▲21.4%)。
公共工事請負金額前年比
60
(前年比、%)
(前年比、%)
60
40
40
20
20
0
0
-20
-20
-40
京滋計
全
-40
国
-60
-60
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
13/
Ⅳ
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
14/
Ⅳ
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
15/
Ⅳ
Ⅰ
16/
5
6
7
8
9
15/
10 11 12
1
2
3
4
16/
(月)
(出所)西日本建設業保証他「公共工事前払金保証統計」
5
(6)製造業の生産活動等
生産は、増勢が鈍化しており、輸出は、横ばい圏内の動きとなっている。
生産は、新興国経済減速の影響などから増勢が鈍化している。この間、輸出は、横ばい圏内の動きとなっている。
電子部品・デバイスは、自動車向けが緩やかに増加しているものの、新興国経済減速の影響などからスマートフォ
ン向けを中心に弱含んでいるため、増勢が鈍化している。
一般・精密機械は、半導体関連、電気機械、自動車向けを中心に緩やかに増加している。
化学は、化粧品向けを中心に緩やかに増加している。
窯業・土石、金属は、横ばい圏内の動きとなっている。
和装関連では、低水準の生産が続いている。
京都府・滋賀県の鉱工業生産指数(季調済指数)
(10年=100)
(10年=100)
130
130
125
京都府
滋賀県
125
全 国
120
120
115
115
110
110
105
105
100
100
95
95
90
90
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
13/
Ⅳ
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
14/
Ⅳ
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
15/
Ⅳ
Ⅰ
16/
5
6
7
8
9 10 11 12 1
15/
2
3
4
16/
(月)
(出所)京都府「京都府鉱工業指数」、滋賀県「滋賀県鉱工業指数」、経済産業省「鉱工業指数統計」
6
(7)雇用動向等
労働需給は引き続き改善しており、雇用者所得も緩やかに増加している。
労働需給をみると、有効求人倍率(4月)は、京都府(1.30倍)、滋賀県(1.19倍)とも高めの
水準を維持しているほか、完全失業率も低水準で推移している。
こうしたもとで、雇用者所得は緩やかに増加している。
有効求人倍率(季調済)
1.40
雇用人員判断D.I.の推移
(倍)
(倍)
京都府
滋賀県
全国
1.30
1.40
50
1.30
40
(
1.20
1.20 「
1.10
1.10
1.00
1.00
0.90
0.90
過
剰
」
超
(%ポイント)
予測
30
20
10
0
0.80
0.80
0.70
0.70
Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅰ
13/
14/
15/
16/
11
12
15/
1
2
3
4
-10
「
不
-20
足
」
超 -30
)
製造業
非製造業
-40
16/
00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16
(月)
(年)
(注)2015/3月調査以降、調査対象企業見直し後ベース。
(出所)京都労働局・滋賀労働局「最近の雇用失業情勢」、厚生労働省「職業安定業務統計」、日本銀行京都支店「管内企業短期経済観測調査結果」
7
(8)物
価
京都市(4月)の消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)は、食料、教養娯楽等が上昇した一方、
光熱・水道、交通・通信等が下落したことから、前年を下回った(前年比:▲0.1%)。
大津市(4月)の消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)は、光熱・水道、交通・通信が下落し
た一方、食料、教養娯楽等が上昇したことから、前年並みとなった(同:+0.0%)。
消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)前年比
(前年比、%)
(前年比、%)
4
4
京都市
3
3
大津市
全 国
2
2
1
1
0
0
-1
-1
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
13/
Ⅳ
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
14/
Ⅳ
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
15/
Ⅳ
Ⅰ
16/
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4
15/
(出所)京都府「京都市消費者物価指数」、滋賀県「消費者物価指数(大津市)」、総務省「消費者物価指数
8
全国」
16/
(月)
(9)企業倒産
企業倒産(5月)は、件数19件、負債総額11億円となった(前年同月:件数34件、
負債総額27億円)。
180
企業倒産の推移
(件)
(億円)
300
150
250
120
200
90
150
60
100
30
50
0
0
5
6
7
8
9 10 11 12 1
2
3
4
5
14/
6
7
8
9 10 11 12 1
15/
件数(左目盛)
9
3
4
5
16/
負債総額(右目盛)
(出所)東京商工リサーチ「倒産速報」
2
(月)
2.金融
(1)貸
出
貸出は、前年を上回った。
貸出(4月)は、法人、個人、地公体とも増加したため、前年を上回った(前年比:+3.0%)。
(2)預
金
預金は、前年を上回った。
預金(4月)は、法人、個人ともに堅調に推移したため、前年を上回った(前年比:+1.7%)。
貸出前年比
(%)
実質預金前年比
(%)
4.0
4.0
3.0
3.0
2.0
2.0
1.0
1.0
0.0
0.0
4
5
6
7
8
14/
9 10 11 12 1
2
3
4
5
6
7
15/
8
9 10 11 12 1
2
3
4
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4
16/
14/
(月)
15/
16/
(月)
(注)管内(京都府・滋賀県)に所在する都市銀行、地域銀行(地銀、地銀Ⅱ)、
信用金庫、その他の業態(信託銀行など)の店舗ベース。
(出所)日本銀行京都支店
10
(3)貸出約定平均金利
貸出約定平均金利は、低下している。
貸出約定平均金利(総合、ストックベース、3業態計)は、引き続き低下している(4月:1.197%)。
貸出約定平均金利(総合、ストックベース)
1.5
(%)
1.4
1.3
1.2
1.1
4
5
6
7
8
9 10 11 12 1
2
3
14/
4
5
6
7
8
9 10 11 12 1
15/
(注)3業態計は、都市銀行、地方銀行、信用金庫の平均
(出所)日本銀行京都支店
11
2
3
4
16/
(月)
(付)参考統計
[前年比%、億円]
京滋計 (16/4月)
前年比
残高
都市銀行
貸 出
0.5
3.9
2.9
3.0
2.4
1.5
2.3
1.7
地域銀行※1
信用金庫
合 計※2
都市銀行
実質預金
地域銀行※1
信用金庫
合 計※2
(注)京滋計(京都府・滋賀県)、京都府、滋賀県各々に所在する店舗ベース。
※1 全国地方銀行協会または第二地方銀行協会の加盟銀行。 ※2 合計には、その他の業態(信託銀行など)を含む。
15/11月
貸出約定平均金利
(ストックベース)※3
短 期
長 期
総 合
1.589
1.220
1.255
京都府 (16/4月)
前年比
残高
17,860
67,232
45,226
133,471
46,609
114,093
81,782
258,141
0.6
3.6
2.5
2.6
2.4
1.7
2.3
1.8
滋賀県 (16/4月)
前年比
残高
17,096
36,887
38,490
94,708
44,649
63,537
69,663
190,879
▲ 1.9
4.3
5.4
4.3
2.2
1.3
2.8
1.6
資料出所
764
30,345
6,736
38,763
1,960
50,555
12,119
67,262
日本銀行
京都支店
[ %、前月差%ポイント ]
12月
1.616
1.210
1.247
16/1月
2月
1.609
1.206
1.243
3月
1.577
1.199
1.234
4月
1.456
1.174
1.204
前月差
1.472
1.163
1.197
0.016
▲ 0.011
▲ 0.007
資料出所
日本銀行
京都支店
(注)集計対象は、都市銀行(京都市内の6店舗ベース)および京都府・滋賀県に本店を持つ地方銀行、信用金庫の全店舗ベース。
※3 都市銀行、地方銀行、信用金庫の平均。短期は当座貸越を除くベース、総合は当座貸越を含むベース。
[ 億円 ]
15/7-9月
銀行券受払状況
10-12月
16/1-3月
16/2月
3月
4月
5月
資料出所
発行、還収(▲)超
2,979
4,516
2,126
1,071
1,018
1,132
631
発 行
4,560
6,040
3,890
1,496
1,482
1,595
1,224
還 収
1,580
1,525
1,764
426
464
463
593
日本銀行
京都支店
問い合わせ先
がんりゅう
日本銀行京都支店営業課
12
すとう
眼龍、主藤
Tel 075-212-5151(代)
E-Mail:[email protected].or.jp