食改 50 年の歩みとこれから

暮らしの情報
まいの地区の区長または福祉
課までご連絡ください。
●金婚夫婦表彰対象者
年1月1日から 月
昭和
日までの間に結婚された
ご夫婦
●ご連絡いただく事項
①ご夫婦の氏名
②満年齢
③現住所
④ご結婚年月
⑤電話番号
問市役所福祉課 総合福祉係
☎22‐3167
41
12
問市役所建設課 管理係
☎22‐3187
ざいませんがご理解ご協力く
ださいますようお願いしま
す。
て い る こ と か ら、本 年 度 は 中
止することとしました。 毎年参加されている団体に
おかれましては大変申し訳ご
した道路河川環境美化コン
ク ー ル は、熊 本 地 震 に よ り 道
路などの損壊が各所で発生し
道 路、河 川 の 環 境 美 化 や 住
民の憩いの場づくり推進の一
環 と し て、例 年 行 っ て お り ま
道路河川環境美化コン
クールは中止します
31
お知らせ
34
改
食改 50 年の歩みとこれから
狂犬病予防注射
(巡回
接種)
は延期します
毎年5月に各地区を巡回し
て 実 施 し て お り ま し た、狂 犬
病 予 防 注 射 の 巡 回 接 種 は、熊
本 地 震 の 影 響 に よ り、期 日 を
延期して行うこととしまし
た。
期 日 に つ き ま し て は、現 在
調整中ですので決定次第お知
らせします。
な お、動 物 病 院 な ど で 行 わ
れ る、獣 医 師 に よ る 個 別 接 種
は現在も行っておりますの
で、動 物 病 院 な ど に 問 い 合 わ
せのうえご利用ください。
問市役所市民課 生活衛生係
☎22‐3135
第 回金婚夫婦表彰
該当者受付
天 皇、皇 后 両 陛 下 の ご 成 婚
を機に昭和 年から始まった
「金婚夫婦表彰」
該当者の受け
付けを行います。
次の要件に該当されるご夫
婦 は、7 月 8 日 金 ま で に お 住
58
阿蘇市食生活改善推進員協議会阿蘇支部50周
年の記念式典が4月11日に行われました。
井野ケサヨ氏初代会長によると、食糧がまだま
だ充実していない昭和30年代から未来の子ども
たちの健康を考えて料理を始めたとのことで、そ
の活動が身を結び、阿蘇町健康ボランティア栄養
部が発足、栄養指導車
「 キッチンカー」での巡回で
康教室、中学校
での郷土料理、
保育園での親
子クッキング、
インターネッ
ト放送局「 地産
地消クッキン
健康づくりの手伝いを続けてきました。その活動
がきっかけで栄養教室を開設し、地域の栄養改善
グ」、会員視察研修などを行っています。
「 私たちの
健康は私たちの手で。」このスローガンで子ども、
のための養成を図り今の私たちの食改につながっ
ています。
現在では、栄養教室で学んだことを各地域の健
孫、家族に手作りの楽しさと食事の大切さを伝え
るお手伝いができるように頑張ります。
(村上 多志子 阿蘇支部)
広告
20
2016.06 広報あそ
暮らしの情報
電気料金の支払期日の
さらなる延長措置
し
に お 問 い 合 わ せ く だ さ い。ま
た、指導者も募集中です。
問阿蘇第6団 佐久間
☎ 090‐1361‐9846
催
10
平成 年熊本地震により被
災 さ れ た お 客 さ ま に、電 気 料
金 の 特 別 措 置 と し て、電 気 料
金の支払期日を左記のとおり
延 期 し ま す。そ の 他 の 特 別 措
置は広報あそ5月号 ㌻また
阿蘇を照らすは蛍の光!
碧水ホタルの里ツアー
20
はホームページをご覧ください。
集
●試験 案 内 配 布 期 間・受 験 申
込の受付期間
6月1日水~7月1日金
●試験案内の配布場所 熊本
県 社 会 福 祉 協 議 会、阿 蘇 市
社会福祉協議会ほか
●申込 方 法 受 験 申 込 書 は、
「試験案内」巻末の専用封筒
を 使 用 し、1 通 に つ き 1 名
分 を、必 ず 簡 易 書 留 に よ り
熊本県社会福祉協議会宛て
に郵送してください。(7月
1 日 の 消 印 有 効 )※ 持 参 に
よる申込書の受付は行いま
せん。
●受験手数料 8500円
問熊本県社会福祉協議会福祉
人材・研修センター
☎096‐322‐8077
募
ボーイスカウト募集
ボーイスカウト阿蘇第6団
で は、阿 蘇 市 内 の 小 学 1 年 ~
地 元 ガ イ ド の 案 内 の 元、阿
蘇駅周辺のホタルの生息地を
巡ります。熊本・阿蘇復興を明
るく照らすホタルの灯りにぜ
ひ癒されに来ませんか?
●とき 6 月 3 日・4 日・
日・ 日・ 日・ 日(雨天中止)
▽午後7時 分~9時 分
●ところ 北黒川地区
●集合場所 YMCA黒川保育園集合
●参加費 無料
●持参物 懐中電灯
●申込み 不要(当日自由参加)
※お子様は必ず保護者同伴
※その 日 の ホ タ ル の 状 態 に
よってはやむを得ず中止に
な る 場 合 が あ り ま す。ご 了
承ください。
問ASO田園空間博物館
☎35‐5077
18
る 保 護 者 な ど、ど な た で も 相
談 を 受 け 付 け、き め 細 や か な
支援活動を行います。
プライバシーは固く守られ
ま す の で、1 人 で 悩 ま ず 安 心
してご相談ください。
●相談
▽肥後っ子テレホン
☎0120‐02‐4976
※平日
午前8時 分~午後5
時 分
▽髙宮正行(少年サポーター)
☎ 090‐2500‐5024
※終日
▽メール
な お、特 別 措 置 の 適 用 に は お
手 続 き が 必 要 で す。詳 し く は
お問い合わせください。
●支払
い期限 ▽平成 年 3 月 分( 支 払 期 限
が 4 月 日 以 降 に 限 る )→
4カ月延長
▽ 平成 年4月分→3カ月延長
▽ 平成 年5月分→2カ月延長
▽ 平成 年6月分→1カ月延長
問九州電力大津営業所
☎0120‐986‐602
熊本県介護支援専門員
実務研修受講試験
10
10
3年生の団員を募集しています。
ボーイスカウトは野外活動
を 中 心 に 活 動 し、い ろ い ろ な
こ と を 身 に つ け て、よ り 良 き
社会人を目指す活動です。
興味のある方はぜひお気軽
50 17
28
●試験日 月2日日
●試験 会 場 熊 本 学 園 大 学、
熊本大学
●受験 資 格 原 則 と し て 保
健、医療、福祉の分野で通算
5年(一部 年)以上の実務
経験を有する人
11
28
28
14
28 28 28
30
h [email protected]
kumamoto.jp
市は3月 30 日、熊本市との間に「連携
中核都市圏の形成に係る連携協約」を締結
しました。
この協定は、人口減少社会であっても経
お詫びと訂正 広報あそ5月号 ㌻『電気料金特別措置』(誤)
災害で電気設備がご使用できなくなった場合は、ご使用できない設備の基本料金をいただきます
[
]
災害で電気設備がご使用できなくなった場合は、
ご使用できない設備の基本料金を頂きません
(正)
広報あそ 2016.06
21
具体的な政策に取り組みます。
肥後っ子サポートセン
ターをご利用ください!
市が熊本市との間に
連携中核都市圏形成連携協約
15
済を持続可能なものとするために、中心
的役割を担う中核都市が近隣市町村と連携
し、経済成長のけん引、都市機能の集積・
強化、生活関連機能サービスの向上にむけ
て取り組むもので、阿蘇市を含む県内 16
市町村が熊本市とそれぞれ協約を交わしま
した。
今後、相互に連携を図りながら各分野で
28
熊 本 県 警 察 で は、不 良 行 為
少年や被害少年に対して継続
的な指導や支援を行うことに
より少年の立ち直りへの手助
け を す る た め、「 肥 後 っ 子 サ
ポ ー ト セ ン タ ー」を 設 置 し て
います。
サポートセンターの構成員
である少年サポーターとし
て、
阿蘇市の髙宮正行氏
(下西
河原)
が委嘱を受け、
対象とな
る少年に対する支援やさまざ
まな相談に応じています。
いじめ被害を受ける少年自
身 や、子 ど も へ の 不 安 を 抱 え
県内市町村連携深め
経済けん引
!
阿蘇医療センター
で全国各地から のDMATが集
結 し、当 院 を 拠 点 に 全 阿 蘇 地 域 の
避難所や病院へ医療支援活動が展
開されました。
阿蘇地域医療圏の状況把握と医
療 支 援 の 活 動 拠 点 と し て、4 月
日 か ら 当 院 が 本 部 を 提 供 し、最 大
阿蘇地域医療支援の災害
拠点本部として提供
4 月 16 日
4 月 19 日
4 月 18 日
4 月 20 日
4 月 21 日
17
4 月 日 か ら は、D M A T か ら
救護班にその機能を移管すること
33
30
と な り、県 が 阿 蘇 地 区 災 害 保 健 医
災害時に無料で
飲料などを提供
20
自販機会社㈱アペックス西日
本 と、災 害 発 生 時 に 日 間 ま た は
1万杯の飲料を無料提供する協力
協 定 に 基 づ き、 日 間 の 無 料 提 供
を実施しました。
30
療 復 興 連 絡 会 議( ADRO
)を 設 置
し、本 部 は 引 き 続 き 当 院 が 提 供 し
ました。
あたたかい医療支援に
感謝
長 野 県 の 諏 訪 中 央 病 院 か ら、4
月 日から5月8日まで交替で2
名の医師(延べ8名)を派遣してい
ただきました。また、沖縄県石垣市
毎日開催していた災害対応に係る業務打合せの様子
25
の か り ゆ し 病 院 か ら は、4 月 日
から5月 日まで田中誠医師を派
遣 し て い た だ き ま し た。い ず れ も
甲斐院長の縁によるものです。
このほか各機関から、薬剤師・看
護師・診療放射線技師・臨床検査技
師など多くのご支援をいただきま
した。
災害拠点病院として熊本地震発災後も機能維持
患者受け入れ数
D M A T( 災 害 派 遣 医 療
チーム)派遣
4月 日の地震の際に県の
要請により当院からDMAT
(
Disaster
Medical Assistance
= 災 害 派 遣 医 療 チ ー ム )を
Team
派 遣 し、益 城 町 の 災 害 拠 点 本 部 で
活動しました。
その後、4月 日の地震(熊本地
震の本震)後は、阿蘇地域も甚大な
被 害 を 受 け た こ と か ら、逆 に 全 国
各地からの多くのDMAT及び救
護班の支援を受けて災害拠点病院
として機能を維持していきまし
た。
2人
1人
3人
1人
0人
0人
22
20
16
21 人
12 人
11 人
12 人
14 人
19 人
4 月 17 日
ヘリ
救急車
合計
期日
14
127 人
87 人
70 人
72 人
84 人
86 人
このたびの熊本地震で被災され
た皆様に心よりお見舞い申し上げ
ます。
当 院 は、災 害 に 強 い 阿 蘇 地 域 医
療の拠点病院として免震設備
(一
部 耐 震 )が 施 さ れ て お り、ま た、自
家発電及び貯水タンクも整備され
ていたことから今回の大震災後も
全ての医療機能を維持したまま医
療を提供し続けることができまし
た。
発 災 直 後 は、医 師 及 び 医 療 ス
タッフが駆けつけて多くの救急患
者の治療を行うことができまし
た。
●熊本地震の救急・予約外患者受け入れ数
22
2016.06 広報あそ
信
#08
Aso Medical Center
〶 869-2225 阿蘇市黒川 1266
☎ 34-0311 /Ⓕ 34-2273
療センタ
蘇医
ー
阿
通
地域医療